自賠責保険

自賠責保険とは?

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、車による人身事故の被害者を救済するために、
すべての車に加入することが義務付けられています。加入しないで車を運転すると、
1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科され、そのうえ免許停止などの処罰の対象となります。
自賠責保険では、車による人身事故の被害者を救済することを目的としているため、保険金が支払われるのは、
交通事故を起こし他人を死亡させたり、ケガをさせたりした場合(対人賠償)に限られます。
したがって、相手の車や自分の車の損害、自分自身のケガは自賠責保険では補償されません。
また、次のとおり、補償額には上限が設けられています。

ケガの場合 :120万円まで
死亡の場合 :3,000万円まで
後遺障害の場合 :4,000万円まで

保険会社による違いはありません!

自賠責保険は、どの保険会社で加入しても、車種や保険期間などの条件が同じであれば補償内容や支払う保険料に違いはありません。また、保険会社には引受義務があります。

原付バイクはステッカーで有効期限の確認を!

自賠責保険の有効期限切れを防止するために、自動車検査制度(車検制度)の対象車種については、自賠責保険の保険期間が車検期間を満たしていないと、車検が受けられない仕組みになっています。
車検がない原付バイク(原動機付自転車)などの250cc以下のバイクは、自賠責保険の有効期限がいつまでか忘れがちなので、
ナンバープレートに貼られているステッカーを確認し、期限切れにならないようにしましょう。
なお、原付バイクの自賠責保険は、保険会社や代理店のほか、一部のコンビニエンスストアや郵便局、インターネットでも加入することができます。