金融ADR制度について

1.金融ADR制度とは?

 金融トラブルの増加という背景の下、利用者保護・利用者の利便性向上の目的で、2009年「金融商品取引法等の一部を改正する法律」により「金融ADR制度(金融分野における裁判外紛争解決制度)」が創設され、2010年から施行されました。

 裁判では時間や費用等の負担が大きくなることも多いため、裁判外での解決を目指すことで 利用者の負担を軽減することができます。

2.金融ADR制度のメリットと特徴

3つのメリット

1.中立・公正                               
金融分野に見識のある中立・公正な専門家が検討し、解決に努めます

2.迅速                                   
基本的に裁判より短期間で解決します

3.低コスト                                 
交通費、通信費等はご負担いただきますが、紛争解決手続費用は無料です



2つの特徴

1.紛争のみではなく、苦情も対象                  
ADRでは一般的に紛争のみを取り扱いますが、金融ADRでは対象を拡大しています。

 

2.事業者への片面的義務                       
事業者=金融機関に対してのみ、義務を課しています
 ・手続を応諾する義務(手続応諾義務)
 ・事情説明・資料提出の要請に応じる義務(資料提出義務)
 ・和解案を尊重する義務(結果尊重義務)

そんぽADRセンターは
金融ADR制度に基づく損害保険専門の指定紛争解決機関(金融ADR機関)です。


法律に基づいて国の指定を受け、金融庁の監督のもと中立・公正な立場で金融機関とのトラブルの解決を図る機関です。指定紛争解決機関は、金融機関の業態ごとに設置されています。

新設:2012.4.1 更新:2014.12.5(そんぽADRセンター本部 企画グループ)