損害保険代理店について

損害保険契約は、ご契約者と保険会社との契約ですが、契約締結の手続きは損害保険代理店(以下「代理店」といいます。)を通じた契約が最も多くなっています(注)。
したがって、ご契約者は直接契約手続きをする代理店についてよくご理解いただく必要があります。ここでは、代理店の一般的な役割や実態等について説明します。


(注)電話、通信販売、インターネット、保険会社の社員または窓口等で保険会社と直接手続きする場合もあります。                 

代理店は、どのような役割を担っていますか?

                   
   
 

代理店には、保険会社との委託契約により保険会社の代理人として保険契約を締結する権限が与えられています。
したがって、ご契約者が代理店に対して「申込書」により申込みを行い、代理店が承諾すれば、保険会社との間で保険契約が有効に成立したことになります。  


(注)保険会社または保険の種類によっては代理店の権限が「媒介」となっていることがあります。この場合には後日保険会社が引き受けを承諾したときに契約が成立します。

  また、生命保険会社の募集人も「媒介」となっており、保険契約を締結する権限がありません。

 

代理店は、どのような業務を行うのですか?

                   

代理店は、主に次のような業務を行っています。


≪ご契約時≫
1.保険商品の勧誘
2.保険の対象となるものの確認
例えば、火災保険の契約にあたって、建物の構造が耐火構造かそうでないかなどの確認。
3.保険商品の説明(見積り(契約金額の設定、保険料の計算))
4.重要事項(契約概要・注意喚起情報)の説明、告知事項の受領(お客さまに申込書の告知欄について記入いただく)
5.契約の意向確認
6.保険契約の締結(保険料の領収、領収証の発行・交付)
≪ご契約後≫
1.保険契約の変更・解約などの申出の受付(クーリング・オフの受付を除く)
2.事故通知の受付、保険会社への連絡
3.保険金請求手続きのアドバイス

※事故発生時の代理店の役割は、ご契約者からの事故通知を受け付けて保険会社に連絡したり、保険金請求書の記載方法など保険金請求手続きのアドバイスをすること等です。

保険金支払いの有無等を判断する権限は保険会社にあり、代理店は判断することができません。


   

どんな人が代理店になっていますか?

                   

消費者の皆さまが損害保険に加入しやすいように、保険会社は、専業の代理店以外にも幅広い分野の業界に代理店を委託しています。
例えば、自動車の購入と同時に自動車保険に加入できるように自動車販売店に委託したり、住宅購入と同時に火災保険に加入できるように住宅販売会社や銀行に委託しています。
また、代理店には、1社の保険商品のみを販売している専属代理店と、複数の保険会社の保険商品を販売している乗合代理店があります。


(注)代理店は内閣総理大臣の登録を受けることが義務付けられており、代理店に所属して保険募集を行う者は内閣総理大臣への届出が義務付けられています。

 また、各保険会社は、代理店の登録、募集人の届出に先立ち、損保協会が実施する「損害保険募集人試験」の合格などによる事前教育を義務付けているため、代理店に所属する募集人は、一定の資質が確保されています。

代理店がご契約者へ損害を与えたときは、どうなるのですか?

  

代理店が、万一、保険商品の説明や契約手続きなど、保険募集についてご契約者に損害を与えた場合には、代理店および保険会社がその責任を負います。


損害保険が契約できるお店、場所についてのグラフ

ご参考:地震保険広報活動

 地震保険は2016年で創設50周年の節目を迎えました。2016年度の地震保険広報活動では、 損害保険募集人をイメージしたキャラクターで展開しています。

地震保険特設サイトはこちら(外部リンク)

新設:2008.12 更新:2016.11.17 (募集・研修サービス部 企画業務グループ)