香川県 平成25年の交通事故多発交差点 一覧

マップのトップに戻る
▼香川県の交通事故状況の推移
▼人身事故発生地点の割合
※データ出典:公益財団法人交通事故総合分析センターより

平成25年のワースト交差点で発生した事故について(四国新聞調べ)

平成25年は、ワースト交差点5箇所で、67件の事故が発生しています。
このうち、追突事故(30件)が特に多く発生しています。次いで多かったのが、右折直進事故(13件)となっています。
交通事故は、自動車だけでなく歩行者・自転車などの行動が原因となることもあります。 交差点を通行する全ての人が、周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で無理せず通行するよう、常に心がけましょう。
地図上のアルファベットまたは交差点名をクリックすると詳細ページが表示されます。
E D C B A
※この「ワースト」という表現は、「事故件数の多い順」という意味で便宜的に並べるために付与したものです。
 各事故の状況や損害・被害の程度を加味した順位付けではありません。

地元警察本部の取組により改善された交差点の情報等

1.改善された交差点
名称 新西山崎交差点
住所 高松市西山崎町302番地8
2.改善内容
右折直進事故防止のため右折矢灯を設置。
3.交差点の交通事故防止のために行っている具体的な対策
交通事故が多発する信号機のない交差点を対象に、一時停止規制に係る標識・標示の高輝度化・カラー標示及び「自転車も止まれ」標識の設置を行い注意喚起を図っている。
主要幹線道路のうち、交通事故が多発する横断歩道を対象に、緑色のカラー標示を行い横断歩行者の事故防止対策を行っている。