指導時のアドバイス例

チェックポイントメニューに戻る

「防災」をテーマに実施する場合のチェックポイント

  • 実際の活動時には、これらの全てを盛り込むのは難しいと思われますので、必要に応じて参考にしてください。
  • 参加児童の人数や学年に応じて、地域の実情に合った内容で実施してみましょう。
  • 実施の際は、「子どもと大人の双方にとって、楽しく充実した時間にしよう」という点を心がけましょう。
  • 万一の事故やケガに備えて、保険等の手当ても行なっておきましょう。
設備基本編:レベル1応用編:レベル2発展編:レベル3
消火器
AED
  • どこにあるの?
  • いくつあるの?
  • 場所や個数をチェックしてみましょう。意外なところに設置されていることに気づくかもしれません。
  • もしものときに使えるの?
  • 場所はわかりやすい?
  • 数は充分かな?
  • 見えにくい物陰に設置されていないか、周辺住民が消火器の存在を認識しているかも考えてみましょう。
  • どうすれば、もしものときにも安全かな?
  • 自分たちにできることは、何かないかな?
  • 近隣住民への周知や訓練は充分か、子どもにも担える役割はないかを考えさせると、自主性・積極性が生まれます。
消火栓
送水口
  • どこにあるの?
  • いくつあるの?
  • いつ使うの?
  • 場所・個数・役割をチェックしてみましょう。ビルやマンションなどに設置されている場合もあります。
  • もしものときに使えるの?
  • 場所はわかりやすい?
  • 消防隊員がすぐに発見できる場所にあるか、路上駐車などで隠れていないか、考えてみましょう。
  • どうすれば、もしものときにも安全かな?
  • 自分たちにできることは、何かないかな?
  • 設備の重要性や役割を理解し、家族にも場所を教えるなど、子どもにもできることを考えさせるとよいでしょう。
防火水槽
消防水利
  • どこにあるの?
  • いつ使うの?
  • 場所や役割をチェックしてみましょう。公園などに設置されている場合もあります。
  • 大人は知っているかな?
  • きちんと管理されているの?
  • 有事の際にきちんと機能するかどうか、子どもたちで話し合ってみましょう。
  • 自分たちにできることは、何かないかな?
  • 防火水槽の側で遊ばない・いたずらをしないなど、子どもにもできることを考えさせるとよいでしょう。
電話
ボックス
  • どこにあるの?
  • いくつあるの?
  • 何ができるの?
  • 携帯電話の普及に伴い見かけなくなりつつありますが、緊急通報や災害時の連絡手段として大きな役割があります。
  • 赤いボタンの意味は?
  • 携帯電話との違いは?
  • 非常通報ボタンを使うと無料で通報できることや、携帯電話より公衆電話のほうがつながりやすいことなどを学びましょう。
  • 「災害用伝言ダイヤル」ってなんだろう?
  • 災害時の連絡手段としてNTTが設置している「災害用伝言ダイヤル」についても学んでおくと、さらによいでしょう。
チェックポイントメニューに戻る

防災教育情報に関するお問い合わせ先

〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2-9
一般社団法人 日本損害保険協会
生活サービス部 啓発・教育グループ
TEL:03-3255-1215 FAX:03-3255-1236
E-mail:publish@sonpo.or.jp

更新:2016.11.22 (生活サービス部 啓発・教育グループ)