指導時のアドバイス例

チェックポイントメニューに戻る

「防犯」をテーマに実施する場合のチェックポイント

  • 実際の活動時には、これらの全てを盛り込むのは難しいと思われますので、必要に応じて参考にしてください。
  • 参加児童の人数や学年に応じて、地域の実情に合った内容で実施してみましょう。
  • 実施の際は、「子どもと大人の双方にとって、楽しく充実した時間にしよう」という点を心がけましょう。
  • 万一の事故やケガに備えて、保険等の手当ても行なっておきましょう。
設備基本編:レベル1応用編:レベル2発展編:レベル3
防犯の看板
  • どんな看板があるの?
  • どこにあるの?
  • いくつあるの?
  • 空き巣やひったくり、変質者などに関する注意喚起看板は、普段はあまり意識しないのでは。地域の犯罪状況を再確認してみましょう。
  • 自分たちにできることは何だろう?
  • 「空き巣対策として、大人への挨拶を励行する」など、子どもたちにもできる対策を考えてみましょう。
防犯カメラ
  • どこにあるの?
  • いくつあるの?
  • 街頭や建物入口などの防犯カメラを探してみましょう。
  • 防犯カメラさえあれば安心、といえるのかな?
  • 自分たちにできることは何だろう?
  • 防犯カメラさえあれば安心、とはいえません。そもそも犯罪に遭わないようにするには?と子どもたちに投げかけてみましょう。
街灯
  • どこにあるの?
  • いくつあるの?
  • 冬季のほか、塾や習い事などで帰宅が遅くなることもあるかもしれません。街灯が充分にある明るい道か、チェックしてみましょう。
  • どうすれば、怖い目にあわなくてすむだろう?
  • 街灯の間隔が広い場合などは、暗い・怖いと感じるかもしれません。帰りが遅い時は明るい別の道を通るなども、ひとつの対策といえます。
  • 数が足りないのであれば、もっと増やしてもらえないかな?
  • マップを活用して行政等に要望を行い、街灯を増設してもらったというケースも出てきています。
電話
ボックス
  • どこにあるの?
  • いくつあるの?
  • 携帯電話の普及に伴い見かけなくなりつつありますが、緊急通報時の連絡手段として大きな役割があります。
  • 電話ボックスが近くになかったら、どうしたらいいかな?
  • 防犯ブザーの携帯や、近隣の駆け込み場所はどこにすればよいかなどについて、子どもたちに考えさせるとよいでしょう。
チェックポイントメニューに戻る

防災教育情報に関するお問い合わせ先

〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2-9
一般社団法人 日本損害保険協会
生活サービス部 啓発・教育グループ
TEL:03-3255-1215 FAX:03-3255-1236
E-mail:publish@sonpo.or.jp

更新:2016.11.22 (生活サービス部 啓発・教育グループ)