2018年度発生した風水災に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金(見込含む)等の年度末調査について
【No.19-002】
(2019.5.20)

 2018年度に相次いで発生した自然災害により、お亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)では、2018年度に発生した風水災に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金(見込含む)等について、取りまとめましたので、お知らせします。

1.平成30年7月豪雨
【2019年3月末現在:日本損害保険協会・外国損害保険協会会員会社等合計】

支払件数(件) 支払保険金(百万円)
車両保険
(商品車含む)
25,110 28,307
火災保険 24,146 151,991
新種保険
(傷害保険含む)
6,064 15,297
合計 55,320 195,595

2.平成30年台風21号
【2019年3月末現在:日本損害保険協会・外国損害保険協会会員会社等合計】

支払件数(件) 支払保険金(百万円)
車両保険
(商品車含む)
113,915 77,981
火災保険 718,862 920,227
新種保険
(傷害保険含む)
20,811 16,069
海上保険 3,696 53,528
合計 857,284 1,067,806

3.平成30年台風24号
【2019年3月末現在:日本損害保険協会・外国損害保険協会会員会社等合計】

支払件数(件) 支払保険金(百万円)
車両保険
(商品車含む)
29,322 11,459
火災保険 370,968 285,595
新種保険
(傷害保険含む)
12,417 9,037
合計 412,707 306,091

(注1)支払件数・支払保険金は、見込を含みます。

(注2)支払保険金は、十万円単位で四捨五入を行い算出。そのため、各項目を合算した値と合計欄の値が一致しないことがあります。

(注3)車両保険・火災保険・新種保険の詳細は、別紙をご覧ください。