2015年度〜2013年度 交通事故医療に関する一般研究助成の対象者

救急医療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
一二三 亨 香川大学医学部附属病院
救命救急センター
交通外傷後による出血性ショック患者に対する輸液蘇生法(Permissive Hypotension Strategy)の脳外傷に与える影響の検討
富田 啓介 千葉大学大学院医学研究院
救急集中治療医学
頭部外傷における予後予測のためのbiomarkerの検討
久志本 成樹 東北大学大学院医学系研究科
外科病態学講座救急医学分野
重症外傷に対する輸血治療戦略構築のための包括的研究
渋沢 崇行 慶應義塾大学医学部
救急医学教室
外傷・熱傷におけるDAMPsと単球による免疫応答反応の解明
横堀 將司 日本医科大学大学院医学研究科
救急医学分野
重症頭部外傷患者におけるPupillometryを用いた脳幹機能の定量的評価と臨床的意義
竹川 良介 大阪大学医学部附属病院
高度救命救急センター
外傷患者における経肺圧を指標とした新しい人工呼吸器管理とdual energy Perfusion CTによる治療評価

iPS細胞を用いた研究に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
小島 孝太 慶應義塾大学病院
整形外科学 大学院
脊髄損傷に対するiPS細胞由来神経幹/前駆細胞移植後の腫瘍化に対する自殺遺伝子を用いた制御方法の検討
大久保 寿樹 慶應義塾大学医学部
整形外科学教室
重度脊髄損傷患者に対する移植治療用ヒトiPS細胞由来神経幹細胞の分化誘導法の至適化および腫瘍化対策
尾崎 正大 慶應義塾大学医学部
整形外科学教室
脊髄損傷に対するヒトiPS細胞由来神経幹/前駆細胞移植治療におけるHLA適合の要否についての検討
伊藤 修平 慶應義塾大学医学部
整形外科学教室
ヒトiPS細胞由来神経幹/前駆細胞移植におけるCb1n1投与の有効性の検討
飯田 剛 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 ヒトiPS細胞由来神経幹細胞における腫瘍化のメカニズム解明
西山 雄一郎 慶應義塾大学医学部
整形外科学教室
脊髄損傷に対するiPS細胞由来神経幹/前駆細胞移植治療における移植細胞凍結融解法の最適化および凍結融解の影響の検討
周 智 慶應義塾大学
医学研究科生理学
直接誘導法を用いたヒトiPS細胞からグリア細胞への迅速な誘導法開発
佐野坂 司 慶應義塾大学医学部
整形外科学教室
DNAメチル化を基盤としたiPS細胞由来神経幹細胞の品質管理

脊髄損傷の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
大場 哲郎 山梨大学整形外科学講座 拡散テンソル画像を使用した、外傷性頚部症候群の新しい診断方法の確立
大橋 正幸 新潟大学大学院医歯学総合研究科
機能再建医学講座整形外科学分野
脊髄損傷に対する新規脊髄保護療法の基盤構築−N型電位依存性Ca2+チャンネルを標的としたドラッグ・リポジショニングによる早期臨床応用を目指して−
加藤 裕幸 東海大学医学部医学科外科学系
整形外科学
脊髄損傷後の小胞体ストレス応答能−加齢が及ぼす影響
舘田 聡 東北大学大学院医学系研究科
整形外科
脊髄損傷へのラパマイシン投与による神経保護作用のメカニズムの解明−ミクログリア活性と炎症反応の抑制効果−
横田 和也 九州大学大学院整形外科 重度脊髄損傷に対する神経幹細胞の複数回移植の効果
近藤 崇弘 慶應義塾大学
医学部生理学
急性期脳保護治療薬併用による慢性期脊髄損傷治療-Voxel-based morphometry(VBM)による時系列的脳構造変化の追跡
芝田 晋介 慶應義塾大学
医学部生理学
脊髄損傷回復過程の微細構造変化の可視化
原 正光 九州大学 医学研究院
整形外科
反応性アストロサイトをターゲットとした新規脊髄損傷治療法の開発
貴島 賢 九州大学 医学研究院
整形外科
脊髄損傷後の線維性瘢痕を形成するメカニズムの解明

頭部外傷の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
稲次 基希 東京医科歯科大学 脳神経外科 頭部外傷後高次脳機能障害と[11C]PBB3 PETによるタウイメージングとの相関に関する研究
稲桝 丈司 藤田保健衛生大学医学部脳神経外科・総合救命救急センター 難治性外傷性てんかん患者における心臓自律神経機能調節障害についての研究:突然死の予後に向けて
菊池 清志 久留米大学医学部脳神経外科生理学(脳・神経) 重症頭部外傷の運命決定因子としてのDAMPs;ヒストン,HMGB1のダイナミズム−救命救急の新たなストラテジー確立を目指して
井上 智夫 仙台医療センター 脳神経外科 神経外傷後鬱状態・心的外傷ストレスにおけるdefault mode networkの活動変化解明による新たな治療法開発
末廣 栄一 山口大学医学部附属病院
脳神経外科
日本における頭部外傷の悉皆調査〜頭部外傷データバンク/One week Studyからの分析〜
大谷 直樹 防衛医科大学校病院
脳神経外科
外傷性脳損傷の機能予後予測におけるリン酸化ニューロフィラメントの有用性に関する検討

骨折の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
市川 二郎 山梨大学整形外科 多血小板血漿を用いた骨折治療の更なる向上―骨芽細胞と血小板の作用機序の解明―
宮本 崇 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 整形外科学分野 ヒト成熟骨芽細胞を用いた新規骨折治療法の開発

リハビリに関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
塚越 累 兵庫医療大学
リハビリテーション学部
交通事故外傷後下垂足障害に対する足関節・足趾背屈機能靴下の開発
橋本 将行 誠馨会千葉メディカルセンター 整形外科 交通事故における脊髄下行性伝導路切断後のリハビリテーションによるCentral Pattern Generatorの再賦活化による新たな運動能力の獲得
林 哲生 独立行政法人労働者健康福祉機構
総合せき損センター
急性期頚髄損傷患者における嚥下障害の発生機序と危険因子
河井 信行 かがわ総合リハビリテーション病院 脳外傷後高次脳機能障害者への自動車運転再開支援−自動車運転シュミレーターモニタリングと実車運転評価を通して−

疼痛に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
平井 高志 東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科整形外科分野
神経障害性疼痛モデルにおけるナトリウムチャンネルNav1.8mRNAの新規variantの探索と軸索輸送阻害による新規疼痛治療の開発

2014年度 交通事故医療一般研究助成対象者

救急医療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
小島 将裕 大阪大学医学部附属病院
高度救命救急センター
重症外傷患者における腸内細菌叢の変化と自然免疫・獲得免疫能バランス
久志本 成樹 東北大学大学院医学系研究科
外科病態学講座救急医学分野
多能性幹細胞であるMuse細胞を中心とした間葉系幹細胞による重症外傷に対するCell-based therapyの可能性に関する研究
松本 寿健 大阪大学医学部附属病院
高度救命救急センター
クラッシュ症候群に対する新しいSIRS制御治療の開発:Fアクチン-DNGR1受容体シグナル系を標的とした検討
姜 晋求 大阪大学医学部附属病院
高度救命救急センター
外傷病態における脂肪細胞由来アディポネクチンの役割とその制御
中本 直樹 大阪府立急性期・総合医療センター
高度救命救急センター
重症外傷におけるアルギニン・グルタミン・β-ヒドロキシ-β−メチル酪酸(HMB)配合栄養療法の有効性に関するランダム化比較試験

iPS細胞を用いた研究に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
川端 走野 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 マウス慢性期脊髄損傷に対するヒトiPS細胞由来oligodendrocyte前駆細胞移植の有効性
矢野 真人 慶應義塾大学医学部生理学教室 神経幹細胞因子Musashi1による移植神経幹細胞の安全性を確保する新基準の開発
尾崎 正大 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 ヒトiPS細胞由来神経幹細胞移植治療における免疫学的特性の検討
安部 玲 千葉大学大学院医学研究院整形外科 末梢神経損傷に対するiPS細胞由来Schwann細胞移植の効果
飯田 剛 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 iPS細胞由来神経幹細胞の移植前造腫瘍性評価システムの確立
岡田 洋平 愛知医科大学医学部 神経内科 ヒトiPS細胞由来神経幹細胞のゲノム不安定化と造腫瘍性を規定する因子の検討

脊髄損傷の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
久保田 健介 九州大学病院 救急救命センター グリア瘢痕増殖因子ペリオスチンに着目した、脊髄損傷に対する新規治療方法の開発
牧 聡 千葉大学大学院医学薬学府先端医学
薬学専攻 整形外科
新しいMRI撮像法による脊髄損傷の受傷早期重症度判定
原 正光 九州大学 医学研究院 整形外科 脊髄損傷後のアストロサイトの選択的解析によるアストロサイトの細胞特性の解明
松林 紘平 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 マウス重度脊髄損傷モデルに対するHGF徐放化ゼラチン移植の有効性の検討
高尾 恒彰 独立行政法人労働者健康福祉機構
総合せき損センター
脊柱管狭窄は非骨傷性頚髄損傷の発症と予後に影響を及ぼすか
中山 敬太 筑波大学大学院
人間総合科学研究科
疾患制御医学専攻
高齢者の変性頚椎を模擬した頚部モデルによる頚椎挙動解析-非骨傷性脊髄損傷のメカニズム解明に向けて-

頭部外傷の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
藤田 幸 大阪大学大学院
医学系研究科 分子神経科学
頭部外傷後の神経可塑性を高める治療法の開発
増野 智彦 日本医科大学大学院
医学研究科 救急医学分野
ドクターカー(ラピッド・レスポンスカー)による医療機関と消防機関の効果的連携に関する疫学研究−交通外傷診療における連携構築へ向けて−
畠山 哲宗 香川大学医学部脳神経外科 DPCデータを用いたわが国の頭部外傷の現状把握の試み

骨折の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
永竿 智久 慶應義塾大学医学部形成外科学教室 眼窩壁にいかなる骨折パターンがみられる場合に、視神経管の骨折を随伴している可能性が高いのかの解明
内田 健太郎 北里大学 医学部 交通外傷後の難治性高齢者骨折治癒促進シーズの育成研究
小柳津 卓哉 東京医科歯科大学
医学部附属病院 高気圧治療部
偽関節手術後の骨癒合に対する高気圧酸素治療の効果

リハビリに関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
小野 恭裕 香川県立中央病院 眼鏡型カメラを用いたコミュニケーション支援機器の重度頭部・脊髄外傷患者への応用
國府田 正雄 千葉大学大学院医学研究院 交通事故による脊髄不全損傷患者さんに対するHybrid Assisted Limb(HALR)を用いた歩行リハビリテーションの探索的臨床試験
関 慎太郎 慶應義塾大学医学部
リハビリテーション医学教室
安価で簡便な汎用型下肢免荷装具の開発と下肢外傷患者への早期免荷リハビリによる費用対効果の検討
岡田 誠司 九州大学 医学研究院 運動ニューロンの網羅的発現遺伝子解析によるリハビリテーション効率の定量化
近藤 崇弘 慶應義塾大学医学部生理学 霊長類脊髄損傷モデルに対する幹細胞移植、歩行訓練併用療法による歩行機能回復メカニズムの解明
甲斐 千尋 千葉県リハビリテーションセンター 脊髄損傷モデルに対する神経可塑性促進薬cutamesine(選択的シグマ受容体1型作動薬)併用リハビリテーションの後肢麻痺回復促進効果
渡辺 良一 独立行政法人労働者健康福祉機構
総合せき損センター
急性期頚髄損傷患者に対する装具型治療的電気刺激の効果
佐藤 舞 東北大学大学院 医学系研究科
肢体不自由学分野
交通事故被害者と家族に対するソーシャルワークの現状と今後の支援のあり方
坂口 顕 兵庫医療大学リハビリテーション学部
理学療法学科
二相性微弱電流刺激による創傷治癒促進効果の検証

疼痛に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
大須賀 浩二 愛知医科大学 脳神経外科 複雑局所性疼痛症候群I型の慢性痛に対する海馬でのmitogen-activated protein kinase活性化の作用機序

小児の外傷に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
浅野 健 日本医科大学千葉北総病院 小児交通外傷患児に対する心理社会的療法の早期介入の効果について
西村 奈穂 国立成育医療研究センター
集中治療科
小児頭部外傷の予後は予測できるのか?-適切な検査と介入を行うための研究-

精神医学に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
栗山 健一 国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所成人精神保健研究部
交通事故後のPTSD発症に関わる脳機能メカニズムの解明 −恐怖記憶の抑制が睡眠中の記憶の強化処理に与える影響−

2013年度 交通事故医療一般研究助成対象者

救急医療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
井上 貴昭 順天堂大学医学部附属浦安病院
救急診療科
交通外傷患者におけるAcinetobacter baumanniiの侵入経路を解明する。
姜 晋求 大阪大学大学医学部附属病院
高度救命救急センター
重症外傷患者における血管透過性亢進とC1-inhibitorの関係の解明
織田 順 東京医科大学 救急医学講座 救急集中治療における診療情報ビッグデータの活用を推進するための研究
田崎 修 長崎大学病院 救命救急センター 急性脳腫脹の新たなモデル開発に向けた多施設研究
早川 航一 関西医科大学 救急医学教室 重症頭部外傷に対する超早期脳低温療法の有効性に関する研究
松本 寿健 大阪大学附属病院
高度救命救急センター
クラッシュ症候群に対するRAGEを標的としたDAMPs誘導性SIRSの制御
籾井 健太 九州大学病院 救急救命センター 骨盤骨折の肺血栓塞栓症リスク因子に関するメタアナリシス
吉川 吉暁 大阪府立急性期総合医療センター
高度救命救急センター
フローチャンバー系による外傷に伴う血栓形成過程のリアルタイム評価

iPS細胞を用いた研究に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
板倉 剛 慶應義塾大学医学部整形外科 脊髄損傷に対するiPS細胞由来神経幹細胞移植治療後の腫瘍化に対する制御の検討
岡田 洋平 慶應義塾大学医学部生理学教室 神経分化に伴うゲノム不安定化を指標とした、ヒトiPS細胞の新しい品質評価法の開発
西山 雄一郎 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 脊髄損傷に対するiPS細胞由来神経前駆細胞移植治療における細胞凍結保存による影響の検討
川端 走野 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 マウス脊髄損傷に対するヒトiPS細胞由来Oligodendrocyte前駆細胞移植の有効性の検討

脊髄損傷の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
加藤 裕幸 東海大学医学部医学科外科学系
整形外科学
損傷脊髄に対するアミロライドの効果―小胞体ストレス応答能増強によるオリゴデンドロサイト前駆細胞の保護
神谷 光史郎 千葉大学大学院
医学薬学府先進医療科学専攻
交通事故による脊髄損傷における加齢の影響:老化による脊髄脆弱性の分子メカニズム解明
堀 桂子 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 脊髄完全損傷に対する新規scaffoldを併用した神経幹細胞移植の有効性の検討
橋本 将行 誠馨会千葉メディカルセンター
整形外科
交通事故における頚髄横断性損傷患者のCentral Pattern Generatorの可視化の試み(MR-Spectroscopy,拡散テンソール画像を用いた視覚化への挑戦) 
村田 英俊 横浜市立大学医学部脳神経外科 非骨傷性頚髄損傷における顆粒球コロニー刺激因子の有効性の検討
齋藤 武恭 九州大学大学院整形外科 In vivo imagingを用いた急性期損傷脊髄の新規重症度判定法の確立
小早川 和 九州大学 医学研究院整形外科 脊髄損傷受傷後の血糖コントロールは麻痺の予後を改善させるか?―新規脊髄損傷治療法の開発―
岡田 誠司 九州大学 医学研究院 トランスクリプトーム解析による移植神経肝細胞のシナプス再生過程の解明
横田 和也 九州大学大学院整形外科 重度脊髄損傷に対する神経幹細胞移植の効果
高尾 恒彰 労働者健康福祉機構
総合せき損センター
横隔膜筋電図による非骨傷性脊髄損傷患者の気管挿管のリスク評価

頭部外傷の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
宮田 圭 札幌医科大学救急医学講座
脳神経外科学講座
積極的体温管理は頭部外傷の転帰を改善するか?日本頭部外傷データバンク2009の検討
熊本 香名子 大阪市立大学医学部医学科
細胞機能制御学講座
逆行性物質輸送の促進が神経損傷部位に与える効果について
中江 晴彦 大阪大学大学医学部附属病院
高度救命救急センター
頭部外傷後の凝固線溶異常の病体解明と新たな治療戦略
市原 和彦 日本運動器バイオメカニクス研究所 脳〜頭頚移行部〜脊髄の力学特性で外傷性頚部症候群を解明する。

骨折の基礎・治療に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
鎌倉 慎治 東北大学大学院医工学研究科
骨再生医工学分野
体内誘導型骨再生材料の難治性顎顔面骨折への応用
齊藤 正徳 東京医科歯科大学医学部附属病院
整形外科
マイクロRNAを治療標的とする新規骨折治療法の開発

リハビリに関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
渡邉 修 東京慈恵会医科大学附属第三病院 認知リハビリテーションの効果と脳血流検査画像との関連
長谷 公隆 関西医科大学附属枚方病院・整形外科学講座(リハビリテーション科) 脳損傷患者に対する経頭蓋直流電気刺激療法が急性期リハビリテーション治療に及ぼす効果に関する研究
辻川 将弘 慶應義塾大学医学部
リハビリテーション医学教室
損害保険における住宅改造の検討―切断および骨関節疾患について―

疼痛に関するテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
西能 健 千葉大学大学院
医学研究院整形外科学
交通外傷後の難治性腰痛に対する抗炎症性サイトカイン療法の効果
鏑木 秀俊 東京医科歯科大学大学院
医歯学総合研究科整形外科分野
慢性神経因性疼痛に対する痛み受容体分子標的治療

その他のテーマ

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
冨田 興一 大阪大学大学院医学系研究科
器官制御外科学講座 形成外科
混合神経損傷後神経再生の質的向上を目指した神経再建法の開発

新設:2012.4.1 更新:2016.10.3 (損害サービス企画部 試験・医研センターグループ)