東北支部の活動

仙台市主催「自転車まつり2019」へ出展
(2019.5.30)

〜郡仙台市長や市民の皆様へ自転車事故に関する損害保険の必要性をPR〜

 日本損害保険協会東北支部(委員長:荒井 英一・損害保険ジャパン日本興亜株式会社執行役員東北本部長)は、5月25日(土)に開催された仙台市「自転車まつり2019」にブースを出展し、クイズを行って自転車事故のリスクを説明したり、賠償保険の必要性を呼びかけたりしました。

 仙台市では2019年1月1日から「仙台市自転車の安全利用に関する条例」が施行され、4月1日からは自転車損害賠償保険等への加入が義務づけられています。このような背景のもと、市民への自転車安全利用の理解促進の取り組みの一環として、本イベントが開催されました。

 当日は、郡 仙台市長が当協会のブースを訪れ、当協会東北支部の柴田事務局長が、自転車事故に備える保険や当協会の取組み内容について説明しました。

 ブースには家族連れを中心に約150名の方が来訪し、「子どもが小学生になり、自転車を利用するようになるので保険加入を検討したい」、「自転車を利用している親族に自転車の損害賠償保険について教えたい」といった感想がありました。

 東北支部では、今後も仙台市等と連携して自転車事故を補償する賠償保険の周知などを行い、安心・安全な自転車利用の推進に努めていきます。

郡市長へ自転車損害賠償保険について説明郡市長へ自転車損害賠償保険について説明

来場された市民の方へクイズを出題来場された市民の方へクイズを出題