四国支部の活動

徳島県と連携して夜間防災セミナーを開催
(2019.9.5)

〜自然災害に備える損害保険についてわかりやすく解説、「損害保険相談会」も併せて実施〜

 日本損害保険協会四国支部徳島損保会(会長:金田 純一・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 徳島支店長)では、徳島県および徳島県損害保険代理業協会との共催により、8月30日(金)に徳島県立防災センターで開催された「第1回夜間防災セミナー」(※)において、自然災害に備える損害保険の具体的な解説と「自然災害に備える損害保険に関する相談会」を行いました。

(※)県立総合大学校「まなびーあ徳島」防災減災学部の主催講座

  本セミナーは、当協会の第8次中期基本計画の重点課題のひとつである「自然災害への自助・共助の意識醸成に向けた対応の強化」の一環として、一般市民への防災意識の向上と啓発を目的に実施したもので、以下の内容で実施しました。

 1.災害時のお金の話〜被災した時のお金はどうなる?〜/日本銀行徳島事務所長 本田 尚氏

 2.自然災害と損害保険/あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 徳島支店徳島第二支社長 仙石 義直氏

 3.自然災害に備える損害保険に関する相談会(希望者のみ)/一般社団法人徳島県損害保険代理業協会

 セミナーでは、まず、日本銀行 本田事務所長から、東日本大震災発生時の日銀の対応、災害時の金融上の措置および災害時のお金の知識(損傷現金の引換方法、引換基準など)について講話がありました。

 続いて、徳島損保会を代表して、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 仙石支社長から、日本で発生する様々な自然災害や、自然災害への備えの一つである損害保険について、わかりやすく解説がありました。

 講演終了後、参加者の個別疑問や相談に徳島県損害保険代理業協会が丁寧に対応して好評を得ました。

 本セミナーは、「災害や防災についてもっと知りたいが、仕事や学校があるので、平日の昼間等に開催される講座には参加しにくい」という声を踏まえ、毎年夜間に開催しており、今回は約30名が参加しました。

 当支部では、他県への展開も含め、「自然災害への自助・共助の意識醸成に向けた対応の強化」を行政機関と連携して進めてまいります。

金田会長から開会挨拶 金田会長から開会挨拶

仙石支社長による講演仙石支社長による講演

熱心に話を聴く参加者熱心に話を聴く参加者