一般社団法人日本損害保険協会 Recruting Site

エントリーはこちら

サポート制度を知る

能力開発サポート制度

損保協会の能力開発サポート制度をご紹介します。

損保協会では、入社前から段階的に学ぶことのできるプログラムを用意し、着実に自己成長できるようにサポートしています。

また、その後も階層別にさまざまな研修を用意して個々の職員の能力開発をサポートし、組織力のアップを図っています。

入社前 入社1年目 入社2〜4年目
マインド系 ビジネスマインド ビジネススタンス
損保協会ビジョン
生産性向上
スキル系 PCスキル ビジネスマナー 論理的思考力
知識系 損害保険基礎 損害保険 損保会社研修参加
教養系 日経新聞の読み方 (自己啓発)

入社前

入社前
マインド系 ビジネスマインド
スキル系 PCスキル
知識系 損害保険基礎
教養系 日経新聞の読み方

通信講座やeラーニングを通じて、損害保険の基礎、PCスキルなどを学びます。さらに、内定者勉強会を通じて、損保業界に関する日経新聞記事のスクラップや自身の考えの発表などを行っています。

入社1年目

入社1年目
マインド系 ビジネススタンス
損保協会ビジョン
スキル系 ビジネスマナー
知識系 損害保険
教養系 (自己啓発)

4月の社外セミナーを通じて、入社時にビジネススタンス(心構え)やビジネスマナーを学びます。また、半年後にビジネススタンスのフォローアップを行います。社外セミナーには他業界の社員も参加しますので、異業種交流も図ることができます。また、4月に損保協会の若手、中堅職員が講師となり各部門の事業内容や具体的な業務内容を学びます。各部門の先輩職員が講師なので、それぞれの仕事に対する想いや実際の仕事の状況なども知ることができます。さらに1年間の通信講座を通じて、損害保険を体系的に学びます。

入社2〜4年目

入社2〜4年目
マインド系 生産性向上
スキル系 論理的思考力
知識系 損保会社研修参加
教養系 (自己啓発)

社外セミナーを通じて、仕事に必要な、生産性や論理的思考力を高める方法を学びます。また損保会社の研修に参加し、実務を学ぶ機会もあります。入社5年目以降も定期的に各種スキルを学ぶ機会があります。その他にも、語学力強化支援制度や大学院進学支援制度などがあります。

新入職員サポート体制

損保協会では、能力開発サポート制度に加えて、職場(上司・メンター)や人事が自己成長をサポートしています。

職場(上司・メンター)のサポート

新入職員が社会人としてスムーズにスタートし、着実に自己成長していけるように仕事の進め方から悩みごとまでメンター(職場の年齢の近い先輩)が中心になって上司等職場の協力のもとサポートします。

人事のサポート

適宜、新人やメンターに対して人事によるフォローアップ研修を実施し、職場や仕事の状況を確認するとともにアドバイスしています。また、実際に行っている仕事を見直すことで何ができて何ができなかったのかを振り返り、自己成長につなげるきっかけとしています。

エントリーはコチラ