一般社団法人日本損害保険協会 Recruting Site

エントリーはこちら

サポート制度を知る

能力開発サポート制度

損保協会の能力開発サポート制度をご紹介します。

損保協会では、出産・育児サポート制度を通じて、職員の仕事と出産・育児の両立をサポートしています。サポート制度の対象になった職員には、人事からサポート制度の内容や申請手続きなどを詳しく紹介したパンフレットを個別に配付し、制度の利用促進に努めています。これにより対象になった多くの職員が自分のライフスタイルに合わせてサポート制度を利用しており、男性職員の利用も進んでいます。

妊娠 出産 育児
出産休暇
(産前6週間・産後8週間)
育児休業
(最大で子が1歳半まで)
通院休暇
(健診の都度)
看護休暇
(年10日間限度・子が小学校入学まで)
時差出勤
(1日1時間)
短時間勤務
(1日1時間・子が小学校卒業まで)
配偶者出産休暇
(5日間)
復職支援
(休暇・休業中のイントラネット閲覧システム)
福利厚生サービス
(育児用品レンタル補助・一時保育補助・学童保育補助など)

各制度の概要

通院休暇

健康診査・保健指導を受けるために通院する場合、通院休暇を取得することができます。

時差出勤

①出勤時60分または②出勤時30分、退社時30分の時差出勤をすることができます。

出産休暇

産前6週間・産後8週間の出産休暇を取得することができます。

配偶者出産休暇

配偶者の出産に伴い、5日間の出産休暇を取得することができます。

復職支援

休暇・休業中に自宅のパソコンからイントラネットを閲覧することができます。

福利厚生サービス

会員制福利厚生サービスを通じて、出産・育児に関する様々なサービスを利用することができます。

育児休業

出産休暇終了後、最大で子が1歳半に達する日まで、育児休業を取得することができます。

看護休暇

子が小学校に入学するまで、疾病にかかった子の世話などのために、年10日間(2人以上の場合)を限度として看護休暇を取得できます。

短時間勤務

子が小学校を卒業するまで、労働時間を1時間短縮して(①9:00~16:00、②9:30~16:30、③10:00~17:00)勤務することができます。

損保協会は「くるみんマーク」を取得しています。くるみんマークは「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。

利用者の声

メリハリのある充実した日々です

娘の出産に伴い、出産休暇に引き続き1歳到達時まで育児休業を取得しました。復帰後、短時間勤務制度などは利用していませんが、娘の発熱などの際に、看護休暇を取得しています。

朝は保育園への送迎を夫に任せ、8時半頃に出社します。出社後は、資格試験の問題作成、会議資料作成、委託業者とのやりとりと同時並行で様々な業務を行っています。また、新人職員のメンターを任されるなど、育児中であっても活躍を期待されていると感じ、やる気につながっています。夕方は17時半頃に退社し、保育園に娘を迎えにいきます。娘の笑顔を見ると、その日の仕事の疲れも吹き飛びます。

時間どおりに仕事を切り上げるため、進捗中の業務を翌日効率良く再開できるようファイル管理を徹底しています。これにより、急に休むことになった場合でも周囲のメンバーと連携しやすくなりました。また、スケジュールは、常に家族と共有できるようクラウド化しています。

仕事と子育てと家事を両立させることで、限られた時間の中で複数のことを並行して行うスキルが自然と身につき、生活にメリハリができて、より充実した日々を過ごしています。


木本 真理
募集・研修サービス部
運営グループ
2006年入社

周囲からの信頼関係を大切にすることを
意識して業務に取り組んでいます

我が家は、2012年に子供が産まれ、生後5ヶ月の時に妻が職場に復帰した共働きの世帯です。幸いに妻の実家の支援を受けることができ、私は育児休業を取得しておらず、自宅と職場の距離の関係で、保育園の送迎は妻にお願いしています。

男性が子育てに関係するのは出産以降と思われがちですが、パートナーが妊娠した時から、定期健診、体調を崩した時の付き添い、出産時の立会いなど、夫としてパートナーを支える必要があり、出産まで有給休暇などを使いながらうまく対応してきました。

子供が産まれてからは、子供の定期健診や体調を崩した時などに仕事を休む必要があります。私と妻のどちらが休むかは常に家庭内で調整をしています。私が休む場合は、子の看護休暇制度を利用し、看護休暇の限度を超える場合は、有給休暇などを使って対応しています。

子育てに対する周囲の理解が進んでいるため、仕事を休めないということはありませんが、職場や仕事の関係者に対する配慮は必要だと考えています。会社の制度はあくまでもワーク・ライフ・バランスを支援する制度であることから、家庭と仕事の両立ができるかは、職員個々人の問題であると思っています。職場では、自分の家庭状況や担当業務の進捗状況を共有しておくとともに、担当業務は効率的に前倒しで進めるなど、周囲からの信頼関係を大切にすることを意識して業務に取り組んでいます。


山口 烈
損害サービス業務部
火新グループ
2007年入社

エントリーはコチラ