一般社団法人日本損害保険協会 Recruiting Site

エントリーはこちら

採用情報を知る

就活アドバイス

業務企画部 / 地震・火災・新種グループ 齋藤 職員(2018年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

自分に自信を持つことだと思います。就職活動をしている最中は、周りの人の状況が気になり、時には不安になることもあるかもしれませんが、「自分は自分」「他人は他人」と割り切って、強い心をもって挑むことが良い結果に繋がると思います。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

自己分析を早いうちからやっておけばよかったと思いました。インターンシップや説明会に行くことも大切ですが、自己分析をしっかりとすることで、自分の強みや志望理由も説得力のあるものとなり、面接の場でも自分の思いをうまく伝えられると思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

一般社団法人であるため、目先の利益にとらわれることなく、多角的な視野を持って仕事に取り組めることが魅力的だと思ったからです。また、業界団体ということで、会員会社や官公庁など幅広い人と関わることができることも入社を決めた理由の一つです。

就活中のみなさんへ一言!

就職活動においては、入試問題と違って明確な答えが無かったりするので、深く考え込んでしまうこともあるかもしれませんが、あまり思い悩むことなく無理にでもポジティブに考えていれば、自ずと結果もついてくると思います。最後まで自分を信じて頑張ってください。

業務企画部 / 地震・火災・新種グループ 西川 職員(2018年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

自己分析をしっかりすることです。自己分析さえ出来ていれば、エントリーシートを書く際も、面接の際も企業を選ぶ際も軸がぶれることはありません。逆に自分について理解していないと、面接で想定外のことを聞かれた際に対応できないと思います。就活は、どれだけ自分を見つめ直せるか、自分を理解できているかで結果が変わってくると思います。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

特段ありませんが、やっておいたほうがいいと言われたことがもしあれば、全てやるべきだと思います。私の場合は特に、大学やバイトの先輩、OB・OG訪問を通して様々な方にアドバイスや会社の雰囲気を聞いておりました。就活は初めてのことであり、分からないのは当たり前です。遠慮せず先輩に聞くのが一番良いです!

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

私は早いうちから金融業界に絞っておりましたが、中でも損保協会は、座談会や選考を通して、職員の方が就活生の話を親身になって聞いてくださり、人柄の良さを感じました。他にも理由はありますが、一番の決め手は、人柄・雰囲気の良さです。これから40年近く働く会社ですので、自分と会社との相性は重要であると思います。

就活中のみなさんへ一言!

就活は、どうしても周りと比較してしまい、不安に押し潰されそうになることもあると思います。ただ就活を一人でやろうとすることは、あまりお勧めしません。就活中も友達に会ったり、アルバイトをしたり、適度に息抜きをすることも大切です。今まで自分がやってきたことに、無駄なことはありません。最後まで自分を信じて、納得のいく結果が出せるよう頑張ってください。

業務企画部 / 自動車・海上グループ 木村 職員(2018年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

自己分析だと思います。就活を始めるとき、最初にやるのが自己分析ではないでしょうか。自分の人生をしっかりと振り返るまたとない良い機会です。これまで自分が何をして、どう感じてきたか、自身の過去と向き合うことで、やりたいことが見えていき、仕事選びの軸を明確にできます。また、面接の際には自分自身をわかりやすく伝えられるようになるので、自己分析は大事だと思います。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

面接の練習です。初めの方の面接では、なかなかうまくいきませんでした。運良く志望していた企業の面接時期が遅かったので、回数を重ねていくうちにコツをつかみ、うまくいきましたが、本命企業の時期が早い人もいると思います。面接はやればやるほど上手くなっていくので、早い段階で練習を重ねて本番でベストを尽くせるよう頑張ってください。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

まず、社会に広く良い影響を与えられる仕事に就きたいと思っていました。損保協会ではプレイヤーとしてではなくマネージャー的存在で損害保険業界全体の未来を創れると分かり、大変魅力的でした。また、面接を進めていく中で、自分の性格と協会の雰囲気が合っていると感じたのも、入社を決めた理由のひとつです。

就活中のみなさんへ一言!

就職活動は、今後の自分の人生を左右するイベントのひとつだと言えます。失敗することもあり、辛い思いをすることもあるかもしれませんが、それは無駄なことではありません。苦に思うのではなく、楽しく取り組めばきっと上手くいきます。諦めずに頑張ってください!

損害サービス企画部 / 自動車グループ 田中 職員(2018年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

広い視野を持つことが大事だと思います。イメージが先行して、可能性を狭めてしまうのはもったいないです。私も、軽い気持ちで説明会に参加してみたら、「この業界って意外に面白いのでは?」と感じることがありました。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

OB訪問です。私はほとんどOB訪問をしなかったのですが、様々な業界の方のお話を聞くことができる、貴重な機会だと思います。「就活生」という立場だからこそ、教えてもらえることもあると思いますので、ぜひ、その権利を存分に利用してください。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

業界の中心的な業務に携わることができることに魅力を感じ、入社を決めました。入社後の今も、本当にその通りだと感じています。損保協会では、職員数が少ないこともあり、若手のうちから積極的に活躍する場があります。

就活中のみなさんへ一言!

周りの人と協力して就活に臨んでください!お互いにエントリーシートの添削をしたり、面接練習をしてみると、自分では気づかなかったことに気づくこともあります。また、辛いこともたくさんあると思うので、たまには友達と遊んでリフレッシュしてください。友達と一緒に、就活を楽しむぐらいの気持ちがよいと思います。

損害サービス企画部 / 地震・火災・新種グループ 神田 職員(2018年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

自分の信念を曲げないことです。就活中は不安なことが多く、友人や家族等の意見に影響されることもあるとは思います。先に決まった人や世間的に名の知れた企業への内定が決まった人が羨ましいと思う時もありますが、就活は人の優劣をつけるイベントではなく、自分に合った企業を見つけるためのイベントですので、一喜一憂せずにやりきることが大切です。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

話す練習です。自分の考えや経験を初対面の人に伝わるように話すのは、思っているよりも難しいことでした。よくある自己分析やOB訪問等で面接の練習をお願いすることも有効なことではありましたが、友人や家族等身近な人に言いたい話を聞いてもらうことでも、論理的に話すことができるようになるのではないかと思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

行政に近い組織であり、また様々なステークホルダーと関わることができると感じたためです。若手のうちから多種多様な立場の人と関わり、仕事ができることに魅力を感じました。また、面接中も就活生の話を真摯に聞いてくださり、損保協会の職員の人柄に惹かれたことも入社を決めた理由の1つです。

就活中のみなさんへ一言!

就職活動は、日ごろ生活しているだけでは知ることの出来ない様々な仕事・人を知ることができる機会だと思います。時間も体力も限られている中で大変かと思いますが、興味のなかった業界・会社に自分に合った会社はある可能性はありますので、「就活生」の特権を活かし、様々な企業の説明会やOB訪問に足を運んで知見を広げてみてください!

募集・教育企画部 / 企画・運営グループ 嶋津 職員(2018年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

自分のやりたいことを明確にすることです。価値観や軸などと言われるかもしれませんが、結局は「やりたくないこと」よりも「やりたいこと」へ向かう方が、自然と力が出ると思います。自分が何を優先していて、何が好きで、何がしたいのか。これさえ決まれば、あとは後悔しないように力を尽くすのみだと思います。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

他の業界の説明会を受けることです。私は損害保険業界に絞っていたので、大きな合同説明会などを除くと、損保や隣接業界以外にはほとんど参加しませんでした。業界を絞ること自体は悪くないと思うのですが、あまり興味が無いと考えていても、様々な業界の事業を知ることは面白いですし、就職活動中にしか得られない経験だと思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

損保協会の仕事を知り、働きたいと感じたからです。協会では、損害保険という、社会経済や生活の基盤を支える業界の発展に寄与することができます。また、大地震などの際には、業界一丸となって対応することで被災者を支援することができます。社会に対し、幅広く、かつ有事に際しても何かができるという点に、私は魅力を感じました。

就活中のみなさんへ一言!

就職活動をしていくなかで、必ず何かしらの失敗はするでしょうし、思うようにいかず焦ることもあると思います。ですが、周りも全員初めての経験で、同じような気持ちを抱いているはずです。あまり気負い過ぎず、時には友達と遊ぶことでリフレッシュし、自分のやりたいことへ前向きな気持ちを忘れないでください。満足のいく結果を祈っています。

募集・教育企画部 / 企画・運営グループ 中村 職員(2018年入社)

就活で一番大事なことは何ですか?

自分の将来像をイメージすることです。事業内容や働く環境、収入など、会社選びには様々な観点があるので、自分が今後の人生で何を大切にしたいかを考えてみるとよいと思います。転職が珍しくない今の時代ですが、就職活動は、これから先の約40年という社会人人生を決める大切なタイミングのひとつです。自己分析をしっかり行い、自分がどんな社会人になりたいのか考えることが最も大事だと思います。

就活を振り返って、
やっておけば
良かったと思うことは何ですか?

文章の書き方をしっかり学ぶことです。まだ入社1年目ですが、社会人は文章で能力を判断することが多いと感じました。エントリーシートは、通過して終わりではなく、選考中ずっと面接の材料となるものですので、相手に「伝わる」文章力を身に着けておくことは、就職活動において大きな武器になると思います。

損保協会に入社を決めた理由は何ですか?

主に2点の理由から入社を決めました。1点目は、協会固有の業務に魅力を感じたからです。損保業界を志望するなかで、個人や損保会社、行政など様々な方と関わり、業界インフラとして多くの方を支えられる点に大きな社会的意義を感じました。2点目は、尊敬できる先輩の方々と一緒に働きたいと思ったからです。「傾聴力が高く、相手の立場になって考えられる人」という私の理想像と一致する職員の方が多いと感じています。

就活中のみなさんへ一言!

就職活動は長期戦ですので、適度に息抜きをしながら臨むのがよいと思います。選考の結果や周囲の状況が気になり、不安な時期もあると思いますが、面接で元気のよい印象を与えるためにも、心と身体のバランスを保つことが大切です。皆さまの納得のいく就職活動ができるよう、心から願っております。

エントリーはコチラ