一般社団法人日本損害保険協会 Recruiting Site

エントリーはこちら

ヒトとシゴトを知る

未来の安全・安心な社会をつくりたい

業務企画部 / 防災・安全グループ 杓子尾 職員 (2014年入社)

昨今は、交通事故をはじめ、豪雨や台風、地震などの自然災害が多発するなど、人々の安全で安心な暮らしが脅かされる状況になっています。また、気候変動などの環境問題についても、国際連合で掲げられている持続可能な開発目標(SDGs)として掲げられるなど、世界的に大きな課題となっています。私が所属する防災・安全グループでは、こうした安全で安心な社会に向けて、日々、様々な事業に取り組んでいます。

具体的には、損保協会内外の様々なステークホルダーと協力しながら、テレビ番組の制作やシンポジウムの実施、行政の会議体や取組みへの参画、Web・ポスター・チラシの展開といった様々な方法を通じて、周知・啓発や地域の安全に向けて取り組んでいます。一つひとつの課題の規模が大きいだけに、産官学の幅広い組織と足並みを揃えなければ解決の方向に歩むことができず、日々、多くの方々との調整に難しさを感じています。

一方で、様々な組織がこうした課題を取り組んでいる中で、損保協会の立場として、どのように取り組んでいけば効果的なのかということも同時に考える必要があります。そのため、業務を進化させるべく、職員の年齢に関係なく、チーム内でのアイデア出しも重要になっており、その点に面白さを感じています。また、社会貢献性が高い事業のため、難しいハードルを乗り越えたときには、大きなやりがいや充実感を感じます。昨今の業務を振り返り、現状を見極めつつ、目的のために本当にやらなければいけないことは何かということを、日々チームの仲間たちと考えながら、未来の安全・安心な社会に向けて、あなたも私たちと一緒に取り組んでいきませんか?

私たちが紹介します

エントリーはコチラ