一般社団法人日本損害保険協会 Recruiting Site

エントリーはこちら

ヒトとシゴトを知る

日本損害保険協会にしかできない仕事を増やしたい

国際企画部 / 業務グループ 加藤 職員 (2016年入社)

国際企画部業務グループには大きく分けて2つのミッションがあります。

1つは、保険の国際的なルールが日本の損害保険会社や消費者にとって望ましいものとなるよう、ルールを策定している国際機関などに、日本の損害保険業界の立場を伝え、意見していくことです。私たちの意見が国際的なルールに反映されるためには、国際機関や各国の保険監督当局、保険協会と積極的に交流し、信頼関係を築くことが大切です。国際企画部では、保険の国際的なルールを検討する会議に出席するため、年10回程度海外出張し、情報収集や意見交換、各国の関係者との関係強化に努めています。また、よりよい意見提出や情報発信ができるよう、国内でも損害保険会社や金融監督当局と国際動向について議論しています。

もう1つは、保険制度が未成熟な国に対し、日本の損害保険の制度やノウハウを伝えることです。日本の損害保険業界は、様々な課題に対応するため、自賠責保険制度や地震保険制度など、多くの制度を整備してきました。それらのノウハウを伝えることにより、他国の損害保険制度の発展に貢献することが可能となります。また、結果として、その国で日本の損害保険会社がビジネスを行いやすくなるというメリットもあります。

保険の規制や制度は国ごとに多様なので、勉強は欠かせません。各国の制度の裏にある文化を理解することと、日本の損害保険のノウハウを伝えたいという意欲が大切です。

私たちが紹介します

エントリーはコチラ