災害等発生時対策基本方針

 地震、風水害、新型インフルエンザなど災害等の発生時において、人命の安全と損害保険業界の重要業務の安定的な運営を確保し、損害保険業の社会的責任を果たすため、損害保険業界としての基本的な考え方を定めた「災害等発生時対策基本方針」を2009年10月15日の理事会で制定しました。

 また、本基本方針の実現に向け、必要な事項を具体的に定める行動計画として、「災害等発生時行動基本計画」を併せて整備しています。

新設:2009.10.15 更新:2012.6.29 (総合企画部 経営企画グループ)