沖縄支部の活動

沖縄県渡嘉敷村に軽消防自動車を寄贈 (2017.2.22)

〜地域の消防力の強化・拡充のために〜

 日本損害保険協会沖縄支部(委員長:普久原 充・大同火災海上保険株式会社 常務取締役)では、2016年度に全国の離島に寄贈する軽消防自動車()7台のうち1台が沖縄県島尻郡渡嘉敷村に配備されることから、2月16日(木)に同村役場で寄贈式を執り行いました。
 寄贈式では、島田 勉 沖縄支部委員長代理(大同火災社業務部長)から、大城 良孝 副村長に目録、神里 敏明 消防団副団長にレプリカキーをそれぞれ贈呈しました。
 寄贈式で島田委員長代理から「寄贈する軽消防自動車は、軽四輪駆動自動車に高性能の小型動力消防ポンプを積載し、狭い道での活動も機動的に行うことができ、高齢者や女性にも利用しやすい仕様となっている。この軽消防自動車が渡嘉敷村の皆様の安心のよりどことなり、地域防災力の向上に役立っていくことを祈念する」と挨拶し、大城副村長から「寄贈頂いた軽消防自動車は、コンパクトで軽快俊敏な行動ができるため、離島である本村の狭い道路でも活躍が出来、女性消防団も利用しやすく、今後の本村の消防力強化・充実に繋がるものである」との謝辞が述べられました。

島田委員長代理から大城副村長へ目録の贈呈島田委員長代理から大城副村長へ目録の贈呈

島田委員長代理から神里副団長へレプリカキーの贈呈島田委員長代理から神里副団長へ
レプリカキーの贈呈

記念撮影記念撮影

(※)軽消防自動車の寄贈事業
  • 2016年度は、全国10市区町村(離島を除く)および離島7市町村に小型動力ポンプ付軽消防自動車17台を寄贈。
  • 全国の消防力の強化・拡充に協力するため、今年度寄贈分を含め、1952年度から全国の市区町村に消防車を2,702台、1982年度から離島に軽消防自動車などの消防資機材を710台(軽消防自動車193台、小型動力ポンプ517台)寄贈。寄贈累計は、3,412台(消防車2,895台、小型動力ポンプ517台)。