南関東支部の活動

首都直下地震体験型防災イベントに参加 (2017.2.10)

〜地震保険の普及啓発(講演・ブース展示)や「ぼうさいダック」の実演〜

 日本損害保険協会南関東支部 (委員長:並木 宏道・東京海上日動火災保険株式会社 関東業務支援部長)では、発生が懸念されている首都直下地震への備えとして、2月18日(土)に池袋サンシャインシティ文化会館2階展示ホールDで気象庁が開催する「知って」「そなえる」体験型防災イベント「大地震へのソナエ」に参加し、地震保険の普及啓発(講演・ブース展示)や「ぼうさいダック」の実演(ワークショップ)などを行います。

 本イベントは、いつ起こってもおかしくない首都直下地震などの大地震を正しく理解し、事前の備え、地震発生時の適切な避難行動および発災後に必要な知識を高める機会として開催され、主に子育て世代や女性に役立つ情報やお子様と一緒に参加できる体験型ワークショップなどが多数用意されています。
あなたの「たいせつ」を守るために、楽しく学び・考えるイベントになっていますので、お気軽にお立ち寄りください。

<イベントの開催概要>
・場 所
池袋サンシャインシティ文化会館2階 展示ホールD(豊島区東池袋3-1-1)
・日 時
2017年2月18日(土)10:00〜16:00(入場無料・入退場自由)
・概 要
地震防災に関するトークショー、ワークショップ、ブース展示などお子様と一緒に
楽しめるプログラムがいっぱい!
参加団体のマスコットキャラクターに会えたり、防災ビンゴゲームもあり!!

※詳細は、気象庁のホームページをご覧ください。

体験型防災イベント「大地震へのソナエ」 〜あなたの「たいせつ」を守るために〜 を開催します(外部サイト)

チラシ(PDFファイル)


大地震へのソナエ チラシ(表)

大地震へのソナエ チラシ(裏)